わんことアロマと手ごねパン

16祭で天使になったさくらちゃんの思い出と、凪くんとの暮らし。 パン教室の様子などゆるゆると綴って行きます。

少しずつ日の出時間が早くなり、お仕事の日のお散歩も行きやすくなりました。

IMG_6858
今朝のお散歩は、


IMG_6857
ご近所1周小さい公園方面でした。
帰って朝ごはん、完食でした。
今日はお留守番お願いね。


IMG_6864
ママお帰り、遊ぼ。


IMG_6861


IMG_6860


IMG_6863
レトリーブ、楽しいね。
あんよの調子もいいみたいで良かったね。
遊んだ後はよく寝ています。

ママは朝ごはん用のパンを焼きました。
IMG_6872
コロンコロンのミルクパン、たくさん焼きました。




100-CIMG2618_CIMG2618
2013年1月 風が強くてお耳が・・・

今朝はとってもいい天気でした。
IMG_6849
大きい公園

IMG_6851
ゆっくりゆっくり1周しました。
帰って朝ごはん、少し残したけどほぼ完食でした。
食後はぐっすり寝てました。

ママはスーパーで、1週間分の食材を調達してきました。

IMG_6852
ママお帰り、遊ぼ。

IMG_6853
引っ張りっこ。


IMG_6854
レトリーブ。
楽しかったね。

IMG_6855
今日は桜コースターを編んでみました。




2014.1.snow
2014.1.雪遊び



26年前の1月17日阪神淡路大震災が起きた日です。
あの日は愛犬のんちゃんと父と一緒に大和川の河川敷をいつものようにお散歩していました。
突然、地面が大きく波打ちました。
横を歩いていたのんちゃんは4本の足をしっかり踏ん張って立っていました。
大きな音と共に電線から火花が出ました。
家にいる母が心配で車に飛び乗り自宅へ帰りました。

母は外へ逃げて無事でした。
住んでいた自宅の壁には大きな亀裂が入りました。
電気もガスも止まりました。

そのころはまだ現役で働いていました。
いつも通りの出勤は出来ませんでしたが、動いていた電車に乗り、
途中からは徒歩で学校へ向かいました。

あまりにも突然の出来事で、児童への休校連絡が間に合わず、子供たちは登校してきていました。
それから大変な1日が始まりました。
安全確保のため、連絡のつく家庭には子供を迎えに来てもらいました。
連絡のつかない家庭の子たちは、連絡がつき次第一人一人自宅へ送り届けました。
最後の子供を送り届けたころにはずいぶん遅い時間になっていました。

電気が復旧しテレビのニュースで映し出された映像にショックを受けました。
神戸の街が火の海でした。
高速道路が崩れ落ちていました。

あの日から26年が経ち神戸の街は復旧してきましたが、
人々の心はまだまだ癒されていないともいます。
この日のことはこれから先も忘れてはいけないと思います。


今朝は雨が吹ていました。
雨が止んだかなとお散歩に出たら、ザーと降り出してとても短いお散歩になりました。
帰って朝ごはん完食でした。
IMG_6840
午前中の引っ張りっことレトリーブ。
遊んだ後は休憩。

午後から鍼の先生の往診日。
凪くんは左後ろ足を中心にマッサージや炭温石をしてもらいます。
IMG_6839
施術してもらうのは好きではない凪くん、いやいやオーラが出てました。

IMG_6838
でも、施術後は床にかない左後ろ足が床に着くようになります。
そして、左足に重心を乗せて右足をあげて用を足すことも出来るようになります。

凪くんの後ろ左足は前十字靭帯損傷しています。
体重10kg以下の小型犬の場合は、手術をせずに消炎鎮痛剤で治療する方法もあります。
凪くんは手術はしない治療にしました。
そのこともあり左後ろ足は床に着かなかったり踏ん張れなかったりします。

IMG_6843
施術の後のレトリーブ。
スムーズに走ってました。

さくらちゃんは16歳と1日でお空組になりました。
さくらちゃんの前ののんちゃん(グレート・ピレニーズ)は10歳と6カ月でお空組になりました。
ママの家族で16歳を超えてくれたのは凪くんだけです。
小型犬といえども16歳は16歳です。
何でこんなことを思っているのかというと、凪くんにも年相応の変化が現れてきたからです。

まず眼です。左の眼はもう見えてないかもしれません。
家の中でレトリーブしていても、憶測で走っていることがあります。
お散歩のとき植木にぶつかることがありました。

左後ろ足、寝起きは床に着きません、お散歩の時スキップするような歩き方になります。

何だか背骨も変形してきたようにも思います。
よく走る仔は、背骨の変形が出やすいと、鍼の先生がおっしゃってました。

16歳だからってあきらめることなく、出来ることは何でもしてあげたいです。
凪くんが大好きなレトリーブや引っ張りっこが、出来るだけ長く続けられるように。
16歳の1年が元気に楽しく過ごせるように。
ママにとって16歳は未知の世界だけど、一緒に頑張ろうね。


IMG_6844
お家時間が長くなり、コースターの数が増えました。

2013.1bed
2013年1月笑顔のさくらちゃん。


このページのトップヘ