わんことアロマと手ごねパン

16祭で天使になったさくらちゃんの思い出と、凪くんとの暮らし。 パン教室の様子などゆるゆると綴って行きます。

三連休の真ん中の日は、パン教室の復習レッスンに行きました。
復習したのはイメージ 1ピザと
フォカッチャです。
 
どちらも同じ生地から作れます。
 
ピザは一次発酵の後、15
分ほどねかせて、円く伸ばしていきます。
 
次に、ピザソースを塗って
フライドガーリックとブラックペッパー、そしてお好みの具をトッピングして、
250℃で10分焼けば出来上がりです。今日は、このピザにサラダを作って、ワインと一緒にいただこうかな。
 
イメージ 2フォカッチャは二次発酵させて、オリーブオイルを塗り、
 
焼く直前に、指で穴を数箇所あけます。
 
最後にお塩を振って、オーブンへ入れます。
 
焼15分で、ふんわり大きな
フォカッチャの出来上がりです。
 
食べるときは、オリーブオイルをつけるか、蜂蜜をつけると美味しくいただけます。明日はパスタとフォカッチャの夕食にしようかな。

さくらちゃんを我が家に迎えることになる以前から
ずっと、仲良くしていたちゃんが、今年になり相次いで亡くなりました。
 
さくらちゃんのお散歩デビューのときも
フリスビー大会デビューのときも
川遊びデビューのときも
キャンプデビューのときも
ママが骨折して、預かってもらったときも
ずっと一緒にいてくれた、ゴンくんとジャスティーくん
さくらにとっては、お兄ちゃんとお父さん的な二人でした
 
お父さんのゴンくんは五月に15才で
お兄ちゃんのジャスティーくんは7月14日に13才で
虹の橋を渡っていきました。
ゴンくんの息子がジャスティーくんです。
お父さんの後を追うように逝ってしまいました。
 
本当に寂しく哀しいことです。
お二人のパパさんのことを思うと、胸が痛みます。
 
いつか必ずやってくる別れと分かっていても
それは、きっと突然にやってくるものでしょう
その日が出来るだけ、遠い未来でありますようにと願うばかりです。
 
ゴンくんとジャスティーくんのご冥福を、心よりお祈りします。
 
 
 

今日はパンを焼くと決め
朝から、雨の降らないうちに、お散歩に行き
たまっていた家事をすませて、パンを焼く準備にとりかかる。
 
どんなパンにしようかとしばし考える、最近、疲れているのか甘いものが食べたい。
そこで、あんぱんともっちりかぼちゃパンに決定。
イメージ 1
 
あんぱんを作るのは久し振り。
生地を捏ねて、叩いて、発酵させて、つぶあんをたっぷり入れて
飾りに黒ゴマをトッピング。
焼き上がりの熱々あんぱんを3時のおやつにいただきました。
 
もっちりかぼちゃパンは、水を入れずに牛乳だけで生地を作り、
小豆を中に入れました。ほんのりかぼちゃの香りと、もっちりした口当たりのよいパンになりました。
イメージ 2切ったら、こんな感じです。
このパンは、ママのお気に入りなので、わりとよく焼きます。
食パン型に入れて焼くので、プレゼントにしても喜ばれています。
ママのパンばかり焼いてないで、次回は、さくら&凪くんのパンも焼いてあげようね。
 
わんこさんのパンには、塩と砂糖とバターは入れないで、はちみつとオリーブオイルを入れて作ります。
 

このページのトップヘ