3月23日、さくらちゃんは、15才3か月を迎えることが出来ました。
今週は週の初めから、今一つ体調がすぐれなかったさくらちゃんですが、
徐々に元気になって来ています。
今朝は宮散歩に行こうと準備して外へ出たら、
まったく駐車場とは違う方へテクテク歩き出したので、
そのままご近所を一回りして戻ってきました。
イメージ 1
珍しく、お家の中で立っています。
今日は、トリミングと歯磨きをしてもらってピカピカです。
歯磨きの嫌いなさくらちゃん、なかなか手ごわいと言ってました。
立っているのがしんどいさくらちゃんのために
いつも、湯船で半身浴スタイルでシャンプーしてもらってます。
ブラッシングもドライヤーもみんな負担のないようにしてくださってます。
15才のシニア犬をトリミングしてもらえるのはとてもありがたいです。

足のことや嘔吐のことや息遣いのこと・・・
気になることが多いので、久し振りに獣医さんへ行って来ました。
さくらちゃんの体重は31.5kg
雨の日に足の調子が悪くなるのは気圧の関係もあるということでした。
人の関節炎と同じと考えてもいいみたいです。
嘔吐は、食欲もあり頻繁でもないので心配はなさそうです。
息遣いについても、肺の呼吸音に異常もなく、
熱も平熱なので大丈夫とのことでした。
後ろ足の踏ん張りがだんだん聞かなくなってきています。
それで
関節の注射カルトロフェン・ベットをまた、しばらく続けることになりました。

イメージ 2
凪くんもついでに診てもらいました。
ステロイドも1週間に1回になったことを報告しました。
凪くんは、トリミングではとてもおとなしいそうです。
歯磨きも嫌がらずにしてもらってるそうです。
鹿肉ジャーキーをもらって食べているところです。